伝説のサウンド”RED PRINCE”のオリジナルメンバーであった彼は様々な音楽要素を取り入れ独自に消化したスタイルが特徴である。

現在迄に数々のイベントやメディアに登場し、96年には彼を含むメンバーの活動が関西を中心に話題となり、毎日新聞の一面を飾ったというエピソードもある。

現在では、ダンスホールレゲエは勿論、HIPHOP、NEWROOTS、など様々な音楽とのコラボレーションに幅広く参加し、それらのスタイルを吸収したオリジナルな味を醸し出す。

彼のトースティングは常にバランスに優れ、メロディアスでかつ明解なメッセージは、ファンは勿論、業界やアーティスト仲間にも定評があり、2008年7月、SOUTH YAAD MUZIKより、リリースされた1st ALBUM 『WAITING FOR YOU~俺はここにいる~』は多くののレゲエ馬鹿に勇気と感動を与えた作品である。

2010年7月、2nd ALBUM 『上を向いて歩こう』もリリースし、更に進化し続けている。

自身のレーベル『キシワダウマレプロダクションズ』も立ち上げ、第一作"COME TOGETHER~栄光に近道なし~"は話題となった。

第二作目『今日はSPECIAL DAY』も絶賛配信中!第三作目『汗臭い俺たちの町』は、地元泉州だんじり祭りに対する熱い思いを描いた心にしみる作品である。

またBEAR MANプロデュースCLOTHING BRAND『WATSHAR INDUSTRY』も手がける!

 

【ENGLISH】

In 1992, Bear Man and his friends established Reggae Sound Crew "RED PRINCE" in Osaka Japan. And Red Prince started performing all over Japan.Bear Man took in 80's DJ style and created his original DJ style. Bear man has come on many events and media. In 1996, Bear man and his crew members are got a lot of attention, and they were on the front of the newspaper.Bear man collaborated with dance hall style, hip hop style, new roots style and many kinds of styles. He takes in many kinds of music styles, and he creates his original style.Bear Man's balance of toasting and clear melodious messages attract not only audiences but also other artists.In 2008, Bear Man's first album "Waiting for you ~I'm here~" was released and it gave reggae addicted people much impression and bravery.

BEAR MAN(ベアーマン)